旧HプラスBライフサイエンスのサイトです。

Medical food メディカルフーズ
Medical food メディカルフーズ

オンラインセミナー

HABA メディカルフーズ事業部では、随時オンラインセミナーを開催しております。
こちらのページでは、以前に開催したセミナーの概要と講師・受講者のお声をまとめております。

20212.20開催

21世紀は
腸内フローラの時代腸内環境を整え脳も身体もアンチエイジング

講師
井戸由美子
  • 武庫川女子大学大学院卒業(食品栄養学博士)
  • 2000年/特別医療法人大阪精神医学研究所 新阿武山病院 栄養給食室室長
  • 2017年/梅花女子大学 食文化学部 管理栄養学科 教授
  • 2021年/京都女子大学 家政学部 食物栄養学科 教授 現在に至る。
  • 〈所属学会〉
  • 日本在宅訪問栄養管理学会 理事
  • 日本栄養改善学会
  • 日本臨床栄養代謝学会
  • 日本臨床栄養学会
  • 日本給食経営管理学会 他
  • 〈受賞歴〉
  • 2005年/第33回精神医学会奨励賞受賞
  • 2011年/第39回精神医学会 会長賞受賞
  • 2012年/大阪府栄養士会 奨励賞受賞
  • 2014年/第3回日本精神科医学会学術大会会長賞受賞
  • 2016年/第5回日本精神科医学会学術大会 会長賞受賞

セミナー概要

便秘は、人によっては一生の課題になることもあり、特に高齢者において、薬剤性便秘も多くみられます。 今回は低栄養を呈した際に腸内環境を整え、カロリーアップを行ったことによる改善効果を示すとともに、腸内フローラ改善が免疫や精神症状(うつや攻撃性)に関与した事例について井戸 由美子氏にお話しいただきました。

受講者の声

受講者の声
受講者の声

・知らないことが多かった。  
・2回目で更に理解が深まった。
・透析施設で勤務しており便秘の方にオリゴ糖を進めることが多いが便秘以外にも様々な効果が期待できることがわかった。
・実例がわかりやすく便秘で悩まれている外来の患者さんへのご提案例が増えた。
・石川県で研修に参加する機会が少なく、仕事休みの土日開催が参加しやすかった。
・スタートで音声が入らず講義が聞けず残念。精神科の領域の話も聞けて興味を持った。
・自施設の体験と類似した内容で参考になった。下剤の種類も詳しく聞けて勉強になった。
・先生のフランクな話し方も良かった。自施設でも取り組んでいこうと思えるきっかけになった。
・栄養学の先生の腸内環境の講演を拝聴することがあまりなかったので視点が面白かった。
・研究結果がしっかりと評価されており信憑性がある。
・もう一度講義を聞きたい。
・以前症例発表で使用したが看護師からの声で採用にならなかったが、現在の職場では職員の健康管理目的で使用している。
・攻撃性と乳糖果糖オリゴ糖の関連性がある点について興味深く感じた。