Menu
INTROマルトデキストリンアスリート・インタビュー有識者インタビューレシピエビデンスよくある質問購入

アスリート専用粉飴
マルトデキストリン

Q & A

ご使用方法特長原料その他

↓

ご使用方法

Q:どうやって使うのですか?

A:水に溶かしてお使いください。
  冷水よりもぬるま湯かお湯の方が、よく溶けます。
  市販の飲料を加えることは、お勧めしておりません。

Q:水にどのくらい溶けますか?

A:水の量の30%が上限です。
  それ以上溶かすと溶けにくく、ダマになることがありますので、ご注意ください。

【例①】水100㏄であれば、
『アスリート専用粉飴 マルトデキストリン』30g(114kcal)です。

【例②】水1000㏄であれば、
『アスリート専用粉飴 マルトデキストリン』300g(1146kcal)です。

Q:どのくらい溶かして飲めば良いですか?

A:・水分補給に重点をおく場合
=3~5%の『アスリート専用粉飴 マルトデキストリン』水溶液

・運動中のエネルギー補給+水分補給を兼ねる場合
=10%『アスリート専用粉飴 マルトデキストリン』水溶液

・運動中のエネルギー補給に重点に置く場合
=20~30%の『アスリート専用粉飴 マルトデキストリン』水溶液

水分の摂取量と摂取カロリーに応じて、ご自身に合った濃さをみつけてください。
また、摂りすぎには、注意してください。

Q:水に溶かしたら、ダマになりましたが、どうすればよいですか?

A:『アスリート専用粉飴 マルトデキストリン』は、水ではなくぬるま湯かお湯に、少しずつ入れて、よくかき混ぜながら溶かしてください。
一度に入れると、ダマになりやすいです。
ダマになった時は、よくかき混ぜてください。

Q:『アスリート専用粉飴 マルトデキストリン』ドリンクを飲むタイミングは?

A:トライアスロン、ウルトラマラソン、トレイルランニング、自転車ロードレースなどの持久系競技では、 競技開始の2時間以上前に摂ることをお勧めします。
スタート直前に摂ると、急激に血糖値が上がり、それにより多くのインスリンが分泌され、脂肪の分解が制限されます。
脂肪からのエネルギー補給ができにくくなると、パフォーマンスが落ちることが考えられるので、摂るタイミングには十分に注意してください。

Q:持久系競技の運動中に飲むタイミングは?

A:スタート直前には飲まず、エネルギーが切れないように、少しずつこまめに飲むことを、お勧めします。
常にエネルギーを補給し、切れないよう注意してください。
低血糖、水分不足、熱中症にも、十分注意してください。

Q:ボディビル、パワーリフティングなどのトレーニング中は、どのように摂ればいいですか?

A:トレーニングの強弱によって、『アスリート専用粉飴 マルトデキストリン』水溶液の濃度が違います。
『アスリート専用粉飴 マルトデキストリン』水溶液にプロテインを入れる選手、BCAAを入れる選手など様々です。
ご自身に合った濃度で、お飲みください。
トレーニング中であっても、常にエネルギーを補給し、 エネルギーが切れないように注意してください。

Q:持久系競技でエネルギーを蓄えるのは、どうすれば良いですか?

A:カーボローディングという方法があります。
炭水化物中心の食事を摂ることで、 試合当日に向けてエネルギーを蓄える方法で、
持久系競技では有効とされています。
試合の3日前から食事に『アスリート専用粉飴 マルトデキストリン』を入れると、食事が高糖質になるため、
カーボローディングをする際は、お役立てください。
※カーボ=炭水化物、ロード=蓄積

Q:運動後は、どうすれば良いですか?

A:運動直後は、体がリカバーするためエネルギーを必要としている状態です。
 『アスリート専用粉飴 マルトデキストリン』水溶液など、 エネルギーに換わりやすい糖質を補ってください。
また、ボディビルなどでは、『アスリート専用粉飴 マルトデキストリン』水溶液など、エネルギーに換わりやすい糖質と筋肉の元であるタンパク質を、同時に摂って補ってください。

Q:体に持病がありますが、摂っても大丈夫ですか?

A:医師に相談してください。

特長

Q:カロリーはどの位ありますか?

A:100gで、382kcalです。
砂糖とほぼ同じです。

Q:特徴は、何ですか?

A:甘さがほとんどないため、一度に多くの量が摂りやすく、素早くエネルギーに換わることです。

Q:良いところは、何ですか?

A:使っている選手の皆さんからは、下記のようなお声をいただいています。

  • 集中が、切れない。
  • バテない。
  • コストパフォーマンスが良い。
  • 自分の好みの味に出来る。
  • 自分にとって必要なエネルギー(カロリー)を、調整しやすい。
  • 消化、吸収が早い。
  • 甘くないので、飽きがこない。

Q:なぜ、ボディビルなどの瞬発系スポーツに、『アスリート専用粉飴 マルトデキストリン』を使う人がいるのですか?

A:炭水化物(糖質)は、筋肉のエネルギー源となる、重要な栄養素です。
運動後などに糖質が不足すると、かわりにタンパク質がエネルギー源として使われるため、筋肉が分解されます。
それを避けるために、糖質もしっかり補給することが大切になりますが、 その際『アスリート専用粉飴 マルトデキストリン』を活用される方が、いらっしゃいます。

Q:どんな人が、使っていますか?

A:タンパク質、リン、カリウム、ナトリウム等が、制限された腎臓病の患者さんや、食が細くなり低エネルギーになりがちなご高齢の方が、医師・管理栄養士の指導のもと、エネルギーを補給するために、飲み物や食事に混ぜて使っています。

最近では、『アスリート専用粉飴 マルトデキストリン』が、糖質のマルトデキストリンであることを知った 持久系アスリート選手(トライアスロン・ウルトラマラソン・トレイルランニング・自転車ロードレース等)、瞬発系アスリート選手(ボディビル・パワーリフティング等)の使用も増えてきました。
いずれの使用も、『アスリート専用粉飴 マルトデキストリン』の特長である、エネルギー補給ということで、共通しています。

原料

Q:原料は、マルトデキストリンだけですか?

A:マルトデキストリン95,5%、水分4,5%で構成されています。
添加物などは、一切使用していません。

Q:『アスリート専用粉飴 マルトデキストリン』の原料、マルトデキストリンって何ですか?

A:トウモロコシのでんぷん(コーンスターチ)を原料とする、糖質です。
これを酵素で分解すると、でんぷん⇒デキストリン⇒マルトデキストリン(『粉飴』)となります。

Q:原料のトウモロコシは、遺伝子組み換え品ですか?

A:非遺伝子組み換え品を、使用しています。

非遺伝子組み換え(NONーGMO)証明書はこちら →

Q:マルトデキストリンは、どんな商品に使われていますか?

A:エネルギー補給のドリンクやゼリーに使われることが多く、その場合は原材料名の表記の初めの方に、デキストリンやマルトデキストリンと表示されています。

Q:どこで製造しているのですか?

A:日本国内で、製造しています。

Q:甘いですか?

A:甘さは砂糖の約1/10で、ほんのり甘く感じる程度です。
砂糖やブドウ糖よりも甘くないため、一度にたくさん摂ることができ、飽きがきません。

Q:水に溶かす以外に、おいしく摂る方法はありますか?

A:あるトライアスリートの選手は、食物繊維が豊富な粉末寒天を入れていました。
少量であれば飲むゼリーのように、たくさん入れれば羊羹のようになるため、固さなどに変化をつけるには、良いそうです。
いろいろ試して、オリジナルのレシピを作ってください。

Q:『アスリート専用粉飴 マルトデキストリン』ドリンクは、 どういった味のブレンドがありますか?

A:これまで選手の方から、以下のケースがありました。

  • クエン酸を入れて、爽やかな味にする。
  • 薄めの乳酸菌飲料の味にする。
  • 少し、ハチミツを入れる。
  • ナトリウム補給のため、塩を入れる。
  • BCAAを入れる。
  • プロテインを入れる。

大会で、何種類もの味を、用意する選手もいます。
ご自分のお好みを、みつけてください。

その他

Q:ドーピング・ガードの認定を受けていますか?

A:株式会社アトラクで、検査を行っています。
ドーピング・ガード食品認定書及びドーピング・ガード検査分析報告書を掲載していますので、ご確認ください。

ドーピング・ガードの認定書はこちら →

Q:賞味期限は、どのくらいですか?

A:3年です。
開封後は、なるべくお早目に、お召し上がりください。

Q:保管は、どのようにしたらいいですか?

A:なるべく湿気の少ない冷暗所にて、保管してください。
冷蔵庫で、保管する必要はありません。
まれに固くなることがありますが、品質には問題ありません。
軽く砕いて、ご使用ください。

購入はこちらから